MMORPG MapleStory  桜サーバー 伊那の日記☆  ぶろぐ完結しました      長い間ありがとう☆


by inacity
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:ものかたり( 9 )

夢~

夢の中のどこかの
どうやらまた海の近くのようです。

 海の向こうに船がいくつかみえる・・。敵国の艦隊です。
 どうやら南西の小島まで制圧されているようだ。

南東の海につきでた半島に敵が上陸してくるのはそう遠くない。
σ(・・*)は馬をだしてその半島にかけつけた。

 一面貝殻の砂で真っ白だ。野獣のほねもそのままになってる。
 急いでここに自軍の領地である証の塔「オベリスク」を建てなければ
 敵の本体がおしつぶすように攻めてくるだろう。

σ(・・*)はオベリスクに必要なものをあつめることにした。
すべての源であるといわれてるクリスタルだ。
近くの鉱山で得られるけれど採掘人がいなくて
今は老夫婦2人だけでしかとされる始末
愛を語っていればいいさ!どちらにしろ彼らに採掘はムリだ。

 σ(・・*)は本陣にもどって・・といってもただの海の家だ。
 なんとかクリスタルを集めるけれど‥たりない。
 こんなときのために人工的にクリスタルを生成する方法があるんだ。
 σ(・・*)は冷蔵庫をあけてミルクをとりだす。
 それとトマトジュースを混合すればわずかにクリスタルの成分を得られるんだ。

わたしはいくつもトマトをもって台所にいった。
?!
なんでジューサーがつかわれているんだ。
これではトマトジュースを作ることができない。。
σ(・・*)トマトジュースが大好きなんです。
[PR]
by inacity | 2007-02-14 23:33 | ものかたり
どんな世界からもひとしい距離に

世界の内側におもいでのへやがあるんだよ
                          そこには光があたらない
なくしたとおもったものもそこにあるんだよ
                          でも夜とちがう 朝でもない

                          ずっと止まってる
目がさめてすこしそのへやにいる

だけどすぐおいだされるよ

だからそとへいくのだけど うえもしたもない場所でまっくらで

星がたくさん遠くにきらきらしてる      あの星がアルデバランかな・・

                          5月生まれの星座をさがして?

その星まで線路をひいてずーっとあるくんだよ

100年1000年あるかなきゃ        なのに1日たつと

                          またおもいでのへやにスリップして

ああ だからそこから私の世界ははじまっているんだ
[PR]
by inacity | 2006-12-30 12:58 | ものかたり

よるのくに

ときどきあかるい世界っていうのは
あつすぎで砂漠になっちゃう

願いごとといっしょに もえつきるくらいにあつくて
よるの世界のひとは きっとそうやってあかるいとこからくる

よるはしずかであんしん
だけどずっとよるにいるとあかりがこわくなるから

 かげのようになって
 もうひかりにさわれるわけない
[PR]
by inacity | 2006-11-06 03:46 | ものかたり
馬にのっていました
夜になっていました
いつのまにか羽根がはえて空を飛んでくれました たぶん白い馬でした

目の前に電線がよこぎっていました
そのうえを飛んでもらおうとおもってうえにいきました
なんで飛べるか疑問におもうとおちてしまうんです・・

うえにいったんだけどまた電線がある
電線のむこうに星がみえてきれいでした
また電線をのりこえようとしてうえにいく

また電線・・電線がさくのようになっていてどうしてもむこうにいけない
赤い空がみえました あんまり高すぎてこわくなってしまいました
それで今度はしたにおりて電線のしたを通りぬけようとおもいました

地面がみえました
くぐりぬけようとおもったのに でも馬はもう飛んでくれませんでした
私はおちてしまいました

その次の日 雪が積もっていました
私の自転車がみちばたに置き去りにされていました
私はきえてゆくえふめいになっていました。。
[PR]
by inacity | 2006-11-03 18:17 | ものかたり
たのしいおはなしがいいかなw そうファンタジーの夢をみました。

ある日私は3人の友達とひとつの島にいました。
 やってきたんじゃなくて いました。
普通に家があるような島で コンクリートの道もあって
そんなにおおきな島じゃないんだけれど ぜんぜん知らないところなんです。

夜になってほかの3人はモーターボートで島をでていってしまいました。
家に帰るつもりみたいで ここからにげだすようにね・・?
どうしようって考えるまもなく島にすんでる案内人みたいなひとがいて
話をしたけど 英語しかつうじないんです・・

しかも人間じゃなくて ぞんびみたい・・大柄のひとでね
でも やさしいひとでノンビリしててね こわいっていうかかわいい・・(私ってorz
知らないところだったから案内してもらうことにしました。

せまい道をね 片足だけ乗るくらいのU字溝の上しか歩くところがなくて
樹をくぐって海が近くの島のはじまでついたみたい 行きどまりで
引きかえすことにしたんだけど ふりかえってびっくりしたんだ

左手の丘に 石をいっぱいつんでできたちいさい塔が数えきれない
 何キロもむこうまで もう石しかないんだ その島はおおきいお墓だったんだ・・
[PR]
by inacity | 2006-09-24 06:14 | ものかたり
        ランプの灯が部屋をうすぼんやりと照らします
         旅人は腰を木のイスにおちつけて
          思い出の地球儀を
           旅した大地をなぞりながら回転させる

    たくさんの季節をあるいたんだって
     そのお話を静かにはじめるのを
      子供たちはドキドキしながら聞いてる
       きえない おわらない旅のおはなし

いくつも道を選んであるいて
 そよ風と一緒に故郷に 春と一緒に帰ってきたんだ
  想いを 蒼い空の鳥にのせてあの日へ行こう
   こころを渡る旅のおはなし
[PR]
by inacity | 2006-03-29 19:50 | ものかたり

旅するおはなし3

     旅人は深い森に迷いました
      命は眠りにつく朝のこない深い森
       旅人も眠くて目をつむる
       樹がただ想い出をつたえる。

        四季と数多の命の廻る想いのなか
         夢だったかも、まぼろしだったかも知れない
          樹々の向こう 会いたいあの懐かしいひとが言う
           生きて・・?

            旅人は自分のなかに宝物を見つけた気がしました
            歩き出せる
             心の灯に照らされて
              いつか森をぬけ朝焼けに向かっていました。
[PR]
by inacity | 2006-03-24 13:05 | ものかたり

旅するおはなし2

子供たちが寝息をたてる時間
 丘を登って空をいっぱいに仰ぐ
  蒼い星や紅い星が空を満たして
   ひろがる星座は私に語りかけさせる

    星明かりを頼れば、探し物は見つかる・・?
     大事なものは、少しの光でも分かるはず・・?
      投げた言葉が空にきえていっても
       夜が明けるまで静かに私を照らしてくれる
[PR]
by inacity | 2006-03-23 05:05 | ものかたり

旅するおはなし

旅人がやってきます
 昼は太陽 夜は星が道標
  振り返ることはできるけれど前に進むだけ。

   風はいくところはきまってる
   風は旅人のこころをゆるがしたい
   風は旅をやめさせたい。

旅をしながら探してるみたい
 どこにあるかわからない旅人だけの宝物
  風が冷たくて泣きたくなるときもある。

   それでも行きたい、行かなくちゃ
    小さな花がひっそり咲いてるのを見つけて
     旅人はちょっぴり微笑むことができました。
[PR]
by inacity | 2006-03-22 19:13 | ものかたり